ダイエットと遺伝子検査の関連性とは!?

query_builder 2021/07/19
ブログ
belly-2473_1280

ダイエットをしたい!

という人は、非常に多いと思います。

ただ、だいたいの人が成果がすぐに出なくて継続できない、少しやせてもすぐにリバウンドしてしまう。

という悩みを持つ方が大半ではないでしょうか。



では、やせられない要因は何でしょう。

大きく分けて2つあります。

「環境要因」と「遺伝要因」の2つです。

ダイエットを成功させるには、この要因をいかにコントロールできるのかがカギになってきます。

2つの要因のうち、環境要因が7割、遺伝要因が3割といわれています。

したがって全てが全て遺伝の責任というわけではないのです。

例えば、環境を変えたがやせられないという場合も十分納得がいく話です。



環境要因といえば、夜間の食事、余計な間食、甘いものの食べ過ぎという原因が上げられます。

「運動したから食べるぞ」だとか「試合が終わったから食うぞ」といって爆食いしてしまう人も多いでしょう。

もちろん、日々の運動やストレス、睡眠時間も環境要因と言えます。


 一方で、「遺伝要因」は生まれ持った変えられない要因です。

遺伝は生まれ変わらなければ変えようのない要因と言えます。

ただ、遺伝には傾向があります。

遺伝子検査では、1人1人の条件に最適な効率の良い方法でダイエットしましょう、ということが分かります。

自らの体質を知らずに、むやみやたらにダイエットをすることは非常に効率が悪いです。

流行っているから、「糖質カットをしよう」、「タンパク質をたくさん食べよう」、「りんごを食べよう。」などしている人は多いと思います。

しかし、原因が分からないまま、ダイエットを行なっても効果の出やすさは人それぞれなのです。

糖質を溜め込んでしまうタイプの人、脂質を溜め込んでしまうタイプの人などバラバラです。



遺伝子検査で、自分の生まれ持った体質の30%を知って、残り70%の環境要因を作りあげることが大切です。

MYDENSI-マイデンシ-では、環境要因を変えるために管理栄養士による食事指導も実施しています!


遺伝子検査×ダイエットに興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

NEW

  • 遺伝子検査×栄養で健康に!

    query_builder 2021/10/20
  • 腸内フローラ検査キットのAtlas(アトラス)がオススメ!

    query_builder 2021/10/19
  • アスリートを遺伝子検査でサポート!

    query_builder 2021/10/18
  • 遺伝子検査サービス導入のメリットは?

    query_builder 2021/10/16
  • YouTuberのヒカルが遺伝子検査を受けてましたね!

    query_builder 2021/10/13

CATEGORY

ARCHIVE