intestine

腸内環境検査

腸内フローラを知って、体調を整える

定期的な検査で腸活を後押し!

エステサロン/スポーツジム/ヨガ・ピラティス/整体/美容室/
店舗にて導入可能
詳細なレポートを提供します!

こんな方に検査がオススメです

腸内環境が体調のすべてと言っても過言ではありません。 肌や精神などの状態、美容や健康にも影響すると言われています。

  • 便の調子が悪い
  • 心身ともに状態が優れない
  • 腸活に励んでいる
  • 健康的な生活を送りたい
  • ダイエットやボディメイクをしている
  • スポーツをしている
腸内環境が体調のすべてと言っても過言ではありません。 肌や精神などの状態、美容や健康にも影響すると言われています。

ヒトの腸内には数100類以上、約1000兆個もの細菌が住み着いています。 体重のうち約2kgが腸内細菌の重さと考えられています。
このような腸内に住み着く様々な腸内細菌をまとめて「腸内細菌叢(そう)」と呼びます。
腸内の壁面に多くの細菌がびっしりと群生している様子から腸内フローラ(花畑)などとも呼ばれ、
テレビで取り上げられるなど、近年、大変注目されています。
腸活に良いとされる食べ物なども非常に増えてきています。
腸内環境のバランス(細菌の種類や量)は、一人ひとり異なり、食生活、ストレスなどライフスタイルによって大きく変化していくことが
知られていますが、さらに最新の研究で、炎症性腸疾患や肥満、喘息、感染症、精神疾患などの様々な病気と
深く関わっていることが明らかになってきています。
例えば、ヒトは食物繊維を消化する機能を備えておらず、一部の腸内細菌が作用することによって分解しています。
分解された食物繊維は、腸管組織の異常な炎症を抑える別の物質に変化し、様々な整腸作用をもたらすと考えられています。
食生活の乱れなどによって腸内細菌のバランスが崩れると、腸内フローラの持つ有益な能力が機能しなくなるという結果を招いてしまいます。
そのため、腸内環境のバランスを保つことは、健康を維持するだけでなく病気を予防するために重要となります。
弊社の腸内フローラ検査では、腸内バランス、ビフィズス菌、乳酸菌などを自分がどのくらい持っているのかが明らかになります。


2種類の腸内環境検査

尿タイプ、便タイプ

腸内環境を構成する細菌の種類や量は人それぞれ異なり、健康や美容に大きく関わります。
自分の腸内環境の状態を知り、食生活の見直しや生活習慣の改善を行なうことは、健康促進に間違いなく必要です。
腸内フローラ検査をすることで、目に見えて腸の状態が分かるので、腸活の継続がしやすくなります。
  • 美腸Indole革命
    美腸Indole革命
    腸内環境検査は、便を採取して検査するタイプが一般的ですが、美腸Indole革命では尿を採取します。
    腸内の善玉菌、悪玉菌や多様性を解析するのではなく、腸内の腐敗物質(Indole)の量を解析します。
    腐敗物質が少ない方が、腸内環境は優れた状態です。

    腸内にいるさまざまな種類の菌やそのエサ、その他多くの要因から発生した腸内環境 を悪くするのが腐敗物質です。
    これは、腸内細菌の種類やバランスなどとは異なり、食事などによって一時的に大きく変化することはなく、日々の積み重ねによって良くなったり悪くなったりします。
    また、はっきりと点数化されますので、前回との比較や目標設定もしやすいという特徴もあります。
    解析期間も、1週間~2週間となっており、便タイプと比べると半分くらいになります。

    腸内環境を点数化してレポートします。
    定期的に検査することで、腸活が可視化できます。
  • 腸内DNA検査
    腸内DNA検査(菌ドック)
    腸内DNA検査では、便を採取して腸内フローラを解析します。
    日本国内でも販売をスタートしたのをきっかけに、弊社でも販売をできる体制を整えました。
    国内において、一番細かく解析結果がレポーティングしていると思います。
    善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌など)の保有量、多様性のバランスが明らかになるのはもちろんです。
    自分自身の腸内環境を事細かに知りたい方にオススメです。

腸内環境検査レポート概要を一部公開

美腸Indole革命レポート
【美腸Indole革命レポート】腸内の腐敗物質の量をもとに、腸内ランクを7段階に分類
美腸Indole革命レポート
【美腸Indole革命レポート】点数化するので分かりやすい。平均を50ポイントとした場合に自分がどの位置にいるのかが判明
Atlas腸内フローラ検査レポート
【腸内DNA検査レポート】菌種の数、多様性が明らかになります 
Atlas腸内フローラ検査レポート
【腸内DNA検査レポート】ビフィズス菌、乳酸菌、酪酸菌、エクオール産生菌、ヤセ菌デブ菌の保有量などが明らかになります
腸内DNA検査レポートサンプル_ページ_03
【腸内DNA検査レポート】日本人の平均値と比べて菌の割合が多いのか少ないのか?前回と比較して増えたのか?など一目で分かります。
陸上短距離で活躍する山中日菜美選手の腸内環境検査結果フィードバックの様子(2022/9/12インスタライブにて)
https://www.instagram.com/tv/CiaGNYFJAD7/?igshid=MDJmNzVkMjY%3D

サービスの流れ
サービスの流れ
サービスの流れ
①取扱店様よりお申し込み
②遺伝子検査キットを取扱店様に郵送
③エンドユーザー様の口内の粘膜を綿棒にて採取の後、弊社に郵送
④弊社に到着後、取扱店様に請求書発行の後、ご入金
⑤検査専門会社にて解析
⑥弊社から取扱店様にレポート提出
⑦取扱店様からエンドユーザーにフィードバック