Athlete&Sports

スポーツ遺伝子検査

速筋、遅筋の優位性が判明!

向いているスポーツ、最適なトレーニング法が明らに!

プロアスリート、実業団選手、学生(小学生、中学生、高校生、大学生)、市民ランナーすべての方が対象
スポーツジム/整体/ランニングチームで導入可能

スポーツに励むすべての方に朗報!

こんな事に心当たりはありませんか?

  • タイムが思うように伸びない
  • 限られた時間で効率良く練習をしたい
  • ケガをすぐにしてしまう
  • 体型がなかなか変わらない
Athlete&Sports遺伝子検査

3つの特徴

1.ACTN3(アクチニン3)遺伝子を解析

1.ACTN3(アクチニン3)遺伝子を解析

筋繊維の発達(速筋、遅筋のどちらが発達しやすいか?)に関連性の高いACTN3を解析します。
RR型、RX型、XX型の3パターンに分類します。
2. 業界最安レベル且つ高精度

2. 業界最安レベル且つ高精度

低コスト×高精度の業界最高水準を実現。
リアルタイムPCR法を採用。限りなく100%に近い解析精度を誇ります。
一生に一度の検査なので解析精度が何よりも大切です。
五輪メダリストやトップアスリートの活用実績も多数あります。
3.検査結果に合わせたプロテインも用意

3.検査結果に合わせたプロテインも用意

遺伝子検査の結果に合わせて、プロテインを3種類用意しています。
生まれ持った体質に合わせた内容になっているので大きな効果が期待できます。
ACTN3遺伝子を徹底解析!

ACTN3は金メダル遺伝子とも呼ばれている。

なぜなら、五輪の陸上短距離で活躍する選手は、ほぼ同じ遺伝子を持っているからだ。

  • SnapCrab_NoName_2021-5-27_9-56-56_No-00
    RR型=【速筋タイプ】 白筋、瞬発力、パワー型
    ・出せる力は強いが持久力に乏しい
    ・筋繊維が太くなりやすい(肥大しやすい)
    ・酸素を利用しないで活動できる 能力が高い
    ・日常生活ではあまり使われない
    ・筋肉の収縮するスピードが速い
  • SnapCrab_NoName_2021-5-27_9-56-43_No-00
    RX型=【バランスタイプ】 瞬発力、持久力ともに強化可能
    速筋タイプと遅筋タイプの中間と言える。
    鍛え方によってどちらのタイプにもなりえる。
  • SnapCrab_NoName_2021-5-27_9-56-29_No-00
    XX型=【遅筋タイプ】 赤筋、持久力型、太りにくい
    ・出せる力は強くないが 持久力に優れている
    ・筋繊維が太くなりにくい(肥大しにくい)
    ・脂肪を燃焼できる細胞が多い (酸素を利用する能力が高い)
    ・日常生活でよく使われる (姿勢維持、歩行、軽いものを持つなど)
    ・筋肉の収縮するスピードが遅い
筋肉の発達は遺伝子の影響を受けていると考えられています。
筋肉の形成に関わるACTN3遺伝子には個人差があり、アクチニン3タンパク質の 合成能力の違いを生み出していることが分かっています。
そしてこの違いが、速筋の発達と遅筋の形成に影響を及ぼし、遺伝的に得意な スポーツとそうでないスポーツにも影響を与えていると考えられています。

Athlate&Sports遺伝子検査レポートを一部公開

Athlate&Sports遺伝子検査レポート
【Athlate&Sports遺伝子検査レポート】RR型、RX型、XX型のどのタイプなのかを記しています。
Athlate&Sports遺伝子検査レポート
【Athlate&Sports遺伝子検査レポート】筋繊維、筋持久力、筋損傷について解説
プロランニングコーチの沖和彦さんと弊社代表の山根翼で【遺伝子検査×ランニング】対談
   検査の流れ
   検査の流れ
   検査の流れ

①検査についての同意書と アンケートをWEB で実施

②検査キットに付属している綿棒で頬の粘膜を採取

③付属の返信用封筒に入れて郵送

④提出後3週間ほどで 解析結果のレポートが届く

⑤レポートを参考にして検査した方に結果をフィードバック

⑥体質に合った 食事・運動・メンテナンスを紹介