我が子への遺伝子検査を公開!

query_builder 2020/11/16
ブログ
SnapCrab_NoName_2020-11-16_22-18-19_No-00

実は、うちの息子(1歳)も遺伝子検査を受けています。


その結果、糖質分解が苦手、タンパク質の分解が早いという結果に。

つまり、お米やパンなど糖質は、通常よりも吸収していまいやすい体質、身体を作るのに大切なタンパク質は、すぐに分解してしまい、筋肉がつきにくく、すぐに落ちてしまう体質ということです。

幸い、脂質の代謝にリスクはなかったですが。



ちなみに、私自身は、息子と同じように、糖質、タンパク質に加えて脂質にも代謝リスクがありました。

詳細は、こちらの記事をどうぞ。

https://mydensi.com/blog/20200623-547/



ただ、毎日、お米やパンをめちゃくちゃ食べてます。


遺伝子検査の結果的に食べすぎは良くないのですが、子供のうちは、とくにバランスよく様々な栄養を摂ることが大切なので全く気にせずに!←大事です。

もちろん、野菜やお肉、魚もしっかりと食べさすようにしています。



遺伝子検査で生まれ持った体質は、分かりますが、一番大切なのは日々の生活習慣です。

いくら良い遺伝子を持っていても、生活習慣が良くなければ健康的なカラダにはなりません。

逆に、遺伝子的に良くない結果が出たとしても、それらのリスクをしっかりと把握して自分に最適な生活習慣にすることで健康的なカラダをつくることが可能です。

一般的に、今のカラダを作っている割合として、遺伝的要因が30%、環境的要因が70%と言われています。


この70%を遺伝子に合わせた最適なものにしていきましょう!



子供への遺伝子検査は、親にしっかりと理解があれば有効だと思います!

知っていると知らないでは、子供への食事の内容など変わってくるのではないでしょうか。

ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

NEW

  • rollingbase様が遺伝子検査・腸内フローラ検査サービスMYDENSI(マイデンシ)の取扱店となりました

    query_builder 2020/11/25
  • ジェノプラン社の新型コロナウイルスPCR検査の取扱いを開始

    query_builder 2020/11/24
  • 市民ランナー高速化プロジェクト様との遺伝子検査コラボ開始!

    query_builder 2020/11/19
  • 我が子への遺伝子検査を公開!

    query_builder 2020/11/16
  • 遺伝子検査後のオンライン食事指導サービスの必要性は?

    query_builder 2020/11/11

CATEGORY

ARCHIVE