遺伝子検査をスポーツ選手が受ける必要性は?

query_builder 2020/08/26
ブログ
13456
近年、スポーツ選手、アスリートが自分のカラダのことを深く知るために、遺伝子検査を受ける事例が少しずつ増えています。

野球選手、サッカー選手、陸上選手、競技に関係なく増加しています。
日々の練習を最大限行うのは当たり前だとも言える。

さらに自分のパフォーマンスを上げようとするならばどうすれば良いのか?
そこで、自分の生まれ持った遺伝子を調べて、自分に最適な練習や食事をすることが大切なのでないかということで注目されています。

では、どんな遺伝子を調べることが有効なのでしょうか。
・生まれ持った、速筋や遅筋の割合を調べる。
・ケガをしやすい体質なのかを調べる。
・最大酸素摂取量を調べる。
・栄養素の吸収のしやすさを調べる。

など、様々なことを調べることができます。

ただ、あくまでも遺伝子検査というのは、過去の研究論文などからの統計学です。
すなわち、〇〇の傾向がある可能性が高いということは分かりますが、100%自分に当てはまるとは限らないとも言えます。

その中でも、MYDENSI-マイデンシ-では、日本人のエビデンスが高い、3つの遺伝子に注目して遺伝子検査をしています。
それは、
B3AR
B2AR
UCP1
という遺伝子。
これらは、三大栄養素の糖質、タンパク質、脂質の代謝に関連している遺伝子です。



この3つを調べることで、自分に最適な、食事や栄養が判明することになります。
スポーツ選手、アスリートにとって日々の練習は重要ですが、それと同じくらい日々の食生活は重要だと言えます。
健康的なカラダが出来ていないと厳しい練習に耐えることは出来ないのではないでしょうか。
また、食事には、練習後の癒しであったり、ストレス解消にも繋がる効果があります。

遺伝子検査と食事指導を組み合わせることで、遺伝子検査を受けるメリットが倍増します。そもそも、遺伝子検査を受けて、結果だけを知っても意味はないです。
そのあとの、具体的な行動が重要です。

MYDENSI-マイデンシ-では、スポーツ管理栄養士と連携をしており、具体的なパフォーマンス向上に繋がるアドバイスをすることが可能です。



例えば、アスリートにとって、大切なタンパク質の吸収が良くない遺伝子タイプと結果が出た場合、より重点的にタンパク質を摂取する必要も出てくるでしょう。
しかし、やみくもに摂取するだけでは効果は低い。
摂取するタイミングも重要なので、そのあたりも個別にアドバイスをしていきます。

スポーツ選手、アスリートにとってカラダは資本である。
自分自身のカラダをしっかりと向き合うためにも、一生に一度の遺伝子検査を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。
遺伝子は生まれてから一生変わることがないので、早いうちに知っておくことも大切です。
なので、ジュニアアスリート、部活に励む学生にオススメです。

ご興味のある方は、個人、チーム(部活)問わず、お気軽にご連絡下さい。

NEW

  • b-UP(ビーアップ)様が遺伝子検査・腸内フローラ検査サービスMYDENSI(マイデンシ)の取扱店となりました

    query_builder 2020/09/24
  • とーたるけあさろんKusuKusu様が遺伝子検査・腸内フローラ検査サービスMYDENSI(マイデンシ)の取扱店とな...

    query_builder 2020/09/16
  • 整体はまだや様が遺伝子検査・腸内フローラ検査サービスMYDENSI(マイデンシ)の取扱店となりました

    query_builder 2020/09/14
  • ホッケーチーム【BlueSticks SHIGA】とスポンサー契約!

    query_builder 2020/09/13
  • パーソナルジム ハートボディ様が遺伝子検査・腸内フローラ検査サービスMYDENSI(マイデンシ)の取扱店と...

    query_builder 2020/09/10

CATEGORY

ARCHIVE